動物

2010年6月21日 (月)

しょくもつれんさ

キャットニップの花が咲きました

ハナアブが蜜を吸って飛び回っています

Img_7739

ハナアブを狙ってカナヘビのとっけーさんがやってきます

Img_7279

とっけーさんを狙って肉食のたろくんがやってきます

Img_7293

我が家の食物連鎖の頂点に君臨するどうぶつですが

狩りはなかなか成功しません

ちなみにテツは・・・

Img_7221

はやりの草食系男子なので食物連鎖の輪の外です

こちらもぜひ→Siesta

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

めだかのがっこう

今シーズン卵からかえったメダカは三十数匹になりました

めだかの保育園はもう満員です

Img_6518

5ミリくらいだった体長は早くも1センチくらいになり

生意気にも縄張り争いをはじめています

Img_6261

レモンタイムの花が満開です

Img_6252

シソ科のハーブで触るとすがすがしいレモンの匂いがします

Img_6551

去年の入谷鬼子母神のあさがお市で買ってきて種をとっておいた団十郎

Img_6450

今年もわんさかと芽をだしています

ぼやぼやしているとあっという間に季節は過ぎていきますな

こちらものぞいてみてください→Siesta

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

まごめだか

いい天気が続いています

めだかの卵が続々と孵り始めました

Img_5320

我が家での第三世代 まごメダカです

今日までのところ十九匹を確認しました

Img_5426

最初は3匹の親メダカでした

一年目に子メダカが40匹ほど産まれ2年目の冬を越したのは20数匹

親の鉢に入れたままにしておくと親が餌とまちがってみんな食べてしまうので

見つけたらすくって保育園にうつします

Img_5417

体長5mmにも満たないちいさな頭でっかち

猫のせんせいが見守っています

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

めだか

わが家のメダカ池は無事 3年目を迎えました

Img_4544

今年も二十数匹が無事冬を越しています

Img_3544

今いるのは3匹の親から生まれた子供たちです

そしてどんどん卵を産みはじめています

Img_3525

「はやく大きくなってカツオになったらいいのに」とか思ってる?

Img_4339

たろくんあまりメダカには興味ないみたいですがこちらは別

Img_4836

カツオの季節だねえ

Img_4838

寄り目になるほど好きなんだねえ

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

ひまわり

行く夏を惜しみ群馬の山奥にひまわりを見に行きました。

Dsc08159_2

降られてしまいました・・・。

こちらの花園には里親募集の子犬たちや猫たちが。

Dsc08168

メマツヨイグサも花盛りです。

Photo

ついでに近所の牧場やらをぐるっと回ってきた。

Dsc08138

ジャージー子牛やらテツみたいな子ウサギやら。

Dsc08148

お土産は群馬の定番、こんにゃくと生蕎麦。それからもろこしやら野菜。

Img_0019

たろくんは意外とモロコシの皮に興味があるそうです。

「クンクン・・・ワンコのにおいがするにゃ・・・・」
Img_8458

ばれたか

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

すずめのこ

庭のマンリョウの花が咲いた 下向きにひっそりと咲くしおらしい花

Img_8883

冬には赤い実をつけ正月の飾りとなり ヒヨドリのごちそうとなる

うちのスズメが はじめて子供を連れてやってきた

Img_8868

ここがお食事処よと教えているのであろうか

まだ子スズメは自分で食べれず口移しでえさをもらっている

親鳥よりほっぺのカッペタンもようが薄いので区別できる

君もはやく大きくなって我が家の青虫退治に貢献してくれたまえ

「すずめの子そこのけそこのけおいらが通る」
Img_8881

こら 脅かしてはいけないよ

このひとたちは何をしているのか 共食いか・・・
Img_8873

「こらこら君たち けんかはいかんよ」
Img_8877
あれ まさか交尾なのか・・・

きょうも一日一麺

タイの米麺の焼きそば「パッタイ」もやしとエビがたっぷり

Dsc07517

店ででてきたハスの葉茶がうまかったので買ってきた

Img_8828

ほんのり甘いベトナムのお茶 そういえばそろそろハスの花が咲くころだ

今日は今年初めて裏の神社の森でニイニイゼミが鳴いた

いつの間にか夜には夏の虫たちが鳴いている

Img_8910

梅雨明けはもうすぐだね

きょうのはな
今日はキョウチクトウ科の木のはな、草花を

キョウチクトウ(夾竹桃)のはな
Photo
キョウチクトウ属の常緑低木 夏中白や赤い花をさかせます
花冠は5裂し風車のようにねじれる 葉や樹皮は毒をもつが排気ガスなど汚染に強いので街路樹や植え込みにもよく利用される

ツルニチニチソウ(蔓日々草)のはな
Photo_2
地中海沿岸原産のツルニチニチソウ属のつる性の常緑低木
葡ふく茎をひろげ春から秋にかけてきれいな青紫の花をつける

チョウジソウ(丁字草)のはな
Photo_3
湿った草地などに生えるチョウジソウ属の多年草 花期は初夏
5裂する花冠を横から見ると丁の字に見えることから名づけられた

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

なつのおひさん

  とうとう夏のお日さんがやってきた。

Img_6553

刺すような日差しです。

庭に植えたコリアンダーの花が咲きました。
Img_6544
東南アジアの料理には欠かせないセリ科のハーブ。
国によって、パクチー、シャンツァイ、コエンドロなどと呼ばれます。
小さい5弁の花ですが、花弁の2枚だけ大きくなる面白い花です。

メダカの子、すこし大きくなりました。現在6匹ぐらいが孵っているようですが、
生存競争は厳しいようです。
Img_6551
このくらい大きくなればもう親に食べられてしまう心配は無いかもしれません。

影が濃く、短くなりました。たいようの季節です。
Img_6575

まだうちのなかは涼しいので、まどぎわで外をながめて過ごします。
Img_6577

「おでかけするなら窓あけてってにゃ。」
Img_6535
ザンネンですが、それはできません。

きょうのはな
今日はセリ科の草花を。

セントウソウ(仙洞草)のはな
Photo
山野の日陰に生えるセントウソウ属の多年草です。早春から白い小さい5弁花を咲かせます。名の由来は良くわからないようですが、漢字を見ると仙人の洞窟に咲いた花?でしょうか。

ヤブニンジン(藪人参)のはな
Photo_2
こちらも山野の樹陰に生えるヤブニンジン属の多年草です。春に白い細かい花をまばらにつけます。

オヤブジラミ(雄藪虱)のはな
Photo_3
野原に生えるヤブジラミ属の一年草です。春の終わりに白い小花をまばらにつけ、花後にかぎ状の毛のある5mmくらいの実を多数つけます。これが服などにくっつくひっつき虫で、それを虱にたとえた名前です。

ハナウド(花独活)のはな
Photo_4
川原などの群生するハナウド属の多年草で、初夏より咲き始め、その背丈は1m以上になります。セリ科の中では花が大型で目立つ草花です。食用とするウドはウコギ科の木ですが、こちらはセリ科の草で、まったく別物です。

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

さつき

はやくも五月です。ことしの三分の一が終わっちまいました。
Img_5633

みどり濃くなる五月
Img_5649

庭のキャットミントの花が咲いた
Img_5638

五月晴れの空は雲ひとつなく
Img_5655

水ぬるむ五月
Img_5699
去年生まれたメダカはみるみる大きくなってきた

風薫る五月
Img_5680
どこかで草刈をしているね

ちょっと夏らしい食べ物がたべたくなって冷麺
Img_5683

寝ても寝てもねむい五月
Img_5682 

きょうのはな
スミレの季節がおわろうとしています。ことしはたくさんのスミレを撮ったが、
ちゃんと種類が見分けられたのはほんのわずかです。それだけ種類も
変異も多いようです。そのなかで同定に自信があるものをすこしご紹介。

ニョイスミレ(如意菫)のはな
Photo
湿地などを好む、小型の花をつける茎のあるスミレです。
白地に紫の筋が目立ちます。ツボスミレともいいます。

ヒゴスミレ(肥後菫)のはな
Photo_2
葉に切れ込みのあるスミレは数種しかないので見分けは比較的簡単です。
山地の林などに生える白花のスミレです。

フキカケスミレ(吹き掛け菫)のはな
Photo_3
白地に青インクを吹き掛けたような花のスミレです。
北米が原産の洋種のスミレなんだそうです。

来年までにはもう少し見分けられるようになりたいと思いつつ。

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

めだかのあかちゃん

「いーもーむし ごーろごろ」
Img_5526

「きもちいいやねえ・・・」
Img_5533

今年はトマトを植えます。黄色と赤、苗を二株買ってきました。
Img_5476

庭のヒメツルソバのはな
Img_5495
タデ科の多年草です。ゴマ粒大のピンクのつぶつぶの一つ一つが花です。
通年咲いていますが、やはり春が一番勢いがあるようです。

メダカのタマゴが孵りました。
Img_5567
ひとまず確認できたのは3匹。5ミリくらいの頭でっかちです。
去年は3匹の親から40匹くらいの子どもが生まれました。
その子どもが30匹くらい冬をこして、卵を産むとすると・・・
はたしてどうなるかな?

「あれって煮干にするやつかニャ?」
Img_5515
そうだったらいいのにねえ。

きょうのはな
モミジバフウのはな
Photo
マンサク科フウ属の落葉高木。秋の紅葉がきれいな木です。
上のブロッコリー状のものが雄花、下に釣り下がった毬状のものが雌花。
雌花はそのままイガイガの硬い実となり翌年の春まで枝に残ります。

モミジバスズカケノキのはな
Photo_2
スズカケノキ科スズカケノキ属の落葉高木、プラタナスの一種です。
この毬状の花は雌花でしょうか。果実は葉が落ちても枝にとどまります。
その様子が鈴のようなので鈴懸けの木といわれます。樹皮がまだらに
剥がれてきれいな木肌の樹木です。

トウカエデのはな
Photo_3
カエデ科カエデ属の落葉高木で、黄葉がきれいなのでよく街路樹に使われます。
葉の展開と同時に目立たない黄緑色の花をつけます。

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2009年4月11日 (土)

おひさしぶり

「きょうはあっついにゃあ。24℃だってサ」
Img_4779

「しんめがたくさんでてきたよ。ウマソウだねえ」
Img_4767
クヌギやコナラは一気に芽吹き始めました。

「こんなにあったかくなったのに、アイツはどこにいったのかにゃ、おーい」
Img_4765

「おーい、出ておいで。もう虫もたくさん飛んでるよ」
Img_4782

おっ!

デター!トッケーさん!
Img_4737
「オヒサシブリ、チョイトネボウシマシタ。オナカスイテマス。」

やっと目覚めたカナヘビのトッケーさんはミミズをもりもり食べてました。

めだか池の水温がぐんぐん上がって、メダカが次々に産卵しています。
Img_4745
タマゴは隔離しないと親に食べられてしまうのことが多いみたいですが、
今年はもう定員オーバーなので、自然に任せることにしました。さて?

きょうのはな
コナラ(小楢)のはな
_2
ブナ科の落葉高木、雑木林の主要樹種であるドングリの木です。
若葉は柔毛が生えて銀色に光ります。穂状に垂れているのは雄花です。

オニグルミのはな
1_1
クルミ科の落葉高木、沢沿いの湿地などを好む木です。
葉の展開と同時に花穂をたらします。秋には実が熟して食用になります。

タチヤナギのはな
_3
ヤナギ科の落葉高木。これも河原など湿り気のあるところを好む木で、
高さは15mにもなります。

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧