書籍・雑誌

2010年10月29日 (金)

どくしょ

秋の夜長はやっぱり読書ですね

Imgp3893_3

というわけで

本日発売です「猫の一言

猫パンチTVさんの単行本です

Imgp3897

前回作の「猫に言わせりゃ」ではテツが出演しましたが

今回はたろくんの昔の写真がちょこっとだけ登場してなにか叫んでいます

本屋で見かけたらぜひのぞいて見てください

Imgp3886

目印は背表紙のたろくん!です

出世したなあ・・・

アマゾンはこちらから

こちらもぜひ→Siesta

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

ねこにいわせりゃ

とつぜんですがお知らせです

故レナ社長の猫パンチTVよりあたらしい猫本が発売です

タイトルは「猫に言わせりゃ」幻冬舎刊

投稿猫写真に脱力系セリフをあわせたヒトコマ猫まんがの本です

目印は!

裏表紙のテツ!

Img_5791

・・・ではなくて

表紙のかわいねこさんちの「マスター」ですよ!

Img_5794

本屋でみかけたらぜひごらんくださいな

我が家からはテツとのらさん数名が参戦?しています

いつもコメくださる森のどんくさ猫さんちの小太郎くんも出てますよ

詳しくはこちらで

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

いっさとちひろ

日曜日に「いわさきちひろ美術館」に行ってきました

Dsc08695

世界中の絵本作家が描いた猫の絵を集めた企画展を見に行ったのです

はらぺこあおむしでおなじみのエリック・カールの猫絵本の原画など

とても興味深く見てきました それから常設のちひろさんの絵も

いわさきちひろさんの絵は今までそんなに意識して見たことはなかったんですが

原画を改めて見てとても感動をおぼえました

Dsc08696

とくに心を打たれたのは今まで見たことがなかった戦争と子供をテーマにした

モノクロの水墨画のような絵のシリーズ 広島やベトナムがテーマとなっています

いわさきちひろと言えば淡い綺麗な色彩の柔らかい画とおもっていたので

そのモノクロの世界と戦時中の子供の表情に大きな衝撃をうけたのです

お土産がわりに図書室で見かけてはまってしまった「一茶とちひろ」という本を購入

一茶の句にちひろの絵を合わせた句画集です

「雀子や ものやる児(ちご)も 口を明(あく)」

Img_4608

雀に子供と言ったらこの二人の組み合わせ以外には考えられないような

気もしてきました

「猫の子が ちょいと押へる おち葉哉」

Img_4611

一茶は猫の句も多数残していますがその中でも子猫を扱った句は

とても慈愛にみちています 逆に大人の猫に対してはライバル心を

持っていたようで「どろぼ猫」などなど 言いたい放題なところがおもしろい

一茶とちひろ 表現の方法は違えど その小さき者に対するまなざしは

一緒なんだなあと感じました

さて という訳で?我が家の小さきものたちも水彩風にしてみました

Img_1044

Img_1510

うーん どうでしょうね?

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

Aguas de Marco

アントニオ・カルロス・ジョビンの作った名曲、「三月の水」
うたうのは、ジョビンとともにボサノバのスタイルを確立した、ジョアン・ジルベルトです。

Aguas de Marco - Joao Gilberto

三月の水  Antonio Carlos Jobim
 
棒切れ、石、道のつきあたり
切り株に腰をおろして
ちょっとばかり淋しくて
硝子の欠片、生と太陽
夜、それは死
針と、糸

野原のペローパ樹、玉結びのある枝
優雅なカインガー、梨の木マチッタ
風の木、土手のとんぼがえり
底知れない謎、望もうが、望むまいが
追い風が、暖炉を吹き消し
桁から窓へ、梁のお祭り

雨が雨降り、流れるお喋り
三月の雨が、疲れを洗い流していく
足だ、地面だ、健脚のお通りだ
手には小鳥を、パチンコの小石で
鳥りが舞う、鳥が落ちる
小川が、泉が、パンの欠片に
井戸の深みで、道はおしまい

顔をしかめて、ちょっとばかり淋しくて
刺や釘や、南京玉やお伽話
魚の仕事が、銀色に光る
朝日と共に、レンガが運ばれ
薪がくべられ、蚊の攻撃はおしまい
カシャッサの瓶が、街道ばたで砕けてる
家の設計図、寝床で体を休め
ぬかるみの真ん中で故障した車
泥の中の一歩、橋だ、蛙だ、がま蛙だ
朝日に映る森
夏の終わりを告げる三月の雨
君の心に宿る、人生への誓い
棒切れにも似た蛇が、
ジョアンをジョセーを、
手のひらの刺、足の裏の傷

夏の終わりを告げる三月の雨

君の心に宿る、人生への誓い

棒切れ、
石、
道のつきあたり
切り株に腰をおろして
ちょっとばかり淋しくて
また一歩、橋だ、蛙だ、がま蛙だ
美しい地平、隔日熱

ブラジルの三月は夏の終わりにあたり、雨季の始まりです。
雨のリオの森の中を歩き回りながら湧き上がったのがこの曲想なんだそうです。
ただ単に、名詞を並べて歌い継いでゆく、イメージの連鎖。
日本とは正反対の季節ですが、歌詞の「夏の終わり」を「冬の終わり」と
入れ替えれば、日本の三月にも意外としっくり来るような気がします。

原曲はポルトガル語ですが、ジョビンは英語の歌詞も書いていて、いろんなミュージシャンが
カバーしています。なじみのないポルトガル語よりイメージがつたわりやすいかも。

Art Garfunkel - Waters of March

きょうは一日中冷たいあめがふっていました。一雨ごとに暖かくなります。
Img_3930
「ねこだんごやろうか・・・にいちゃん。」「・・・うん・・・」

たろいちぶんこ☆ブックレビュー
「うちのまる」有限会社養老研究所著
Img_3408
養老先生、これはずるいよ。つい買っちまったじゃあないか。
癒し系巨大スコ猫まると、養老先生のツーショットにおもわずにんまり。

きょうのはな
ベニコブシのはな
Photo
モクレン科の落葉低木です。シデコブシの紅花種。
ヒメシデコブシの別名があるようです。

ミヤマガンショウのはな
2_2
中国原産のモクレン科の常緑高木です。常緑モクレンには他に
オガタマノキがありますが、それにくらべて花も葉も巨大で華やかな木です。

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

つぶやきたろぷ 3

「なんでおいらは猫なんだろ・・・」

Photo

めずらしく香箱なんか組んじゃって、ものおもい。

ワレオモウユエニワレアリってえやつかい?

それとも「きょうのゴハンはなんじゃろか」などと思索をめぐらしているのかい?

たろいちぶんこ・ブックレビュー

町田 康 「猫にかまけて」
Img_2978
kosayuさんのオススメで読んでみました。

パンク侍、町田さんが、タイトルどおり猫にかまけた日々の実録。
泣けると聞いていたので、風呂に持ち込み耽読す。
文体がパンクだなあと思いつつ、ネコバカぶりにニヤニヤしながら読みすすむも、
途中と終わりで2度泣き。続編もでています。

どろどろのパンク侍だと思っていた町田さんですが、こんなこともされてました。
ちょいとぐっと来たのでご紹介。動画です。
町田康&佐藤タイジ 「心のユニット」

なんだかジンとくる声だ。2002年のうたです。

きょうのはな
サンシュユ(山茱萸)のはな
1
また春がめぐってきた。
別名ハルコガネバナと呼ばれるミズキ科の落葉中高木です。
名前は漢名の音読です。秋に真っ赤な実をつけます。

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

かぜひきさん

かあちゃんがカゼをひいてねこんでしまいました。

ぼーくん、きょうはおいかけっこは中止な・・・。
Img_9321
あいあい。

そりから、夜泣きもしたらいかんよ・・・。
Img_9323
あいあーい。

はやくよくなるといいねえ、かあちゃん。
Img_9821

ふだんお世話してくれる人が寝込むと、ねこも調子狂うようです。

たろくんは添い寝をしてあげてました。

テツはふとんがずれないように?おもしになってあげています・・・ってコラ!

たろいちぶんこ・ブックレビュー
Img_0744
寒川猫持/猫とみれんと
かなしいとき、落ちこんだとき、引っ張り出して読む本です。
バツイチ、目医者でうたよみの猫持先生の短歌集であります。
愛猫にゃん吉とのふたり暮らしを詠んだうたが中心となっています。
おもしろくてやがて悲しいうたの数々。
ひとの不幸を踏み台にするようですが、読むと元気が出ます。
ちなみに現在猫持先生は再婚されているそうです。
文庫本で出てますのでぜひに。

おしらせ。
Img_1114
ことしも始まりました。ネコパンチTVムービーバトル。
早速テツが参戦してます。応援してね。
キャットムービーバトルGP2009!

きょうのはな
ナギイカダの実
Photo
葉がマキ科のナギに似ていて、花と実を葉の真ん中にひとつづつ付ける
ことから、イカダに乗った一寸法師に見立てた名前のようです。
じつは葉ではなく、枝が変化したものなんだそうです。トゲのようなものか?
地中海地方原産のユリ科の小低木です。

こちらがそのナギ。
_1
マキ科の常緑高木。関東地方ではあまり見かけません。暖かい
地方の植物のようです。熊野神社系では御神木とされるようです。

LOVE & PEACE & cat
taroichi ランキングにさんかしてます。たろくんとテツにポチっと。

人気ブログランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

Encontros e Despedidas

「猫は魔術師」という本を読みました。

各界の著名人がつづった飼い猫との話を集めたものです。

Img_1028

話はおのずと猫との出会いと別れの話となります。

十人十色の出会いと別れ、悲しくて、そしてあとでじんわりあたたかに。

そういう話がたくさん載っています。

テツが我が家に来る前の話です。

Img_1367

たろくんの弟候補は実はもうひとりいたのです。

その子も白黒のかわいい生まれたてちゃんで、風邪をひいていたので

お見合いを済ませてからしばらくは保護主さんのところで治療してもらって

いたのです。しかし、その子は風邪をこじらしてしまい、とうとう死んでしまった。

しばらくして、我が家にやってきたのがテツです。

Img_1627

だから、テツはその子の分まで生きなくてはいけないのです。

遅かれ早かれ、いつかはお別れのときがやってきます。

Img_1380

願わくば、それはずーっと先の話でありますように。

Img_1235

Maria Rita: Encontros e Despedidas

Encontros e Despedidasとは、ポルトガル語で「出会いと別れ」の意です。
ブラジルの至宝、ミルトン・ナシメントの名曲です。

きょうは悲しいお知らせが届きました。
わが家のお気に入り猫ブログ、「猫バカとバカ猫」のスケちゃんが
なくなられたそうです。まだ3歳・・・なぜなんだ??
突然死だそうです。原因は不明ですが、たぶん心臓発作だと。

スケちゃんにもブログ主のにょーたろーさんにも、さんざん笑いと癒しを
もらっていました。いまはただただ、ご冥福を祈るのみです。

きょうのはな
フユシラズ(冬知らず)のはな
Photo
キンセンカの近縁で、地中海地方原産のキク科の草花です。
直径1-2センチの小さい花をたくさん咲かせます。花は日があたると
開き、暮れると閉じます。真冬でも次々と花を咲かせることから、
冬知らずと呼ばれます。

LOVE & PEACE & cat
taroichi ランキングにさんかしてます。たろくんとテツにポチっと。

人気ブログランキングへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

セロリ

やあ、きょうも庭はトリさんでにぎやかだ。
Img_1327

♪そだってきたカンキョウがちがうから~すききらいはショウガナイ~♪

ってなわけで、トリのみなさんそれぞれにお好みのたべものが。

ヒヨちゃんはでっかい体ですが、くだもの専門です。
みかん、りんご、カキ、・・・
今日は冷蔵庫でブユブユになってしまったキウイをうまそうに食べています。
Img_1641
冷凍庫でねむっていたいつのかわからないブドウのゼリーも
よろこんで食べていました。残飯係り?

メジロはミカン専門かと思っていましたが、最近・・・
シジュウカラ用に刺してある牛脂(すき焼き用)を食べ始めました!
Img_1645
実は肉食もいけるクチ。虫も食べるそうです。

最近くるようになったウグイスも・・・アブラ好きです。
このしとも虫食らいなんですね。
Img_1651

シジュウカラはまだやってきませんが、ヒマワリの種が好きです。
今日はモズもやってきました。昨年の暮れに刺してあった
ハヤニエをとりにきたのか?と思ったら忘れているようです。

みんなよくたべるねえ。なかよくたべなきゃイカンよ。
Img_1478
おいらの好物は・・・カツオブシですよ!
お留守番するときにちょっともらうんです。

テツの好物は・・・・リンゴ?
Img_1529
ヒヨちゃんといっしょだねえ・・・。

トコロデにいちゃん、おらたちトリになめられてない?
あいつら近くにいても平気でゴハン食べてるし。
Img_1609
うーん?

テツぼくん、小さい事をいってはイカンよ。
彼らも一生懸命生きているのだ。チミもみならいたまへ。
Img_1618

スズメのみなさんの主食はコメ粒やパンくずです。
Img_1030
杉浦日向子著/風流江戸雀
古川柳を題材に、江戸の風流を描く、日向子浮世絵。
雀のごとくありふれた日常の中のいなせ。

きょうのはな
コウバイ(紅梅)のはなも咲き始めました。
Photo
寒紅梅というやつでしょうか?
梅の花はヒヨドリとメジロの好物です。メジロは蜜を吸い、
ヒヨドリは花ごとブチブチと食べます。

ミツマタのつぼみ
Photo_2
ジンチョウゲ科の落葉低木です。枝が三叉、三叉と分かれるので
この名があります。繊維は和紙の材料となります。

LOVE & PEACE & cat
taroichi ランキングにさんかしてます。たろくんとテツにポチっと。

人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

ことり

冬は小鳥のきせつです。

わが家の小さい庭にもちいさいのがいろいろやってきます。

バードウォッチングが冬のおたのしみですよ。
Img_0792
日本やちょうの会ネコ会員のたろくんです。

毎日やってくるようになりました、メジロの夫婦。
Img_0783
おいしそうなミドリ色。良く見ると、やまんばメイク。

今年はヒヨドリのヒヨちゃんがまだ来ないので、ゆっくりミカンを食べてます。

シジュウカラさんもまだやってこないねえ、
Img_0797
むむ、チュンチュンきたよ。さむそうだねー。

Img_0772
スズメのトリオ。いつもいっしょにいるようです。
まんまるふっくら。ほっぺにカッペたん。
たくさん食べないと、小さい体は維持していけません。

今日は、北風がびゅううと吹いておおさむです。

うちの中でぬくぬくとストーブにあったってんのがいちばんよ。
Img_0786

そうそう、本なんかよんでね。
Img_0736
お江戸漫画家、杉浦日向子さんの大江戸美味草紙(むまそうし)
江戸前ぐるめ、寿司・蕎麦・天ぷらなどなど、お江戸の食文化を
ご案内。たろくんの好物がいっぱいでてくるのです。
たろいちぶんこに採用しました。

きょうの「むまそう」
わが家の冬の定番、ポトフ。正月に田舎で買ってきた、
御殿場高原ビールとソーセージをイタダキマス。
Img_0831
それから、新たなモチめにゅー、ピザもちです。
モチにチーズとケチャップをのせて焼きました。これはいけます。

お江戸だったら、こんな寒い日はアンコウかフグなんだろうねえ。

きょうのはな
春の七草、4番目です。
ハコベラ、現代名でハコベのことです。
1
ナデシコ科の越年草です。小さい花は目立たないがとても粋です。
ハコベというと、インコの餌のイメージがあるのですが・・・。
花期は春から秋にかけてだそうですが、けっこう今でも咲いてます。

コチラは似たような花をつける、ミミナグサ(耳菜草)のロゼット。
Photo
これもナデシコ科の草花。葉がネズミの耳に似ているので
この名があるそうです。葉の表面に毛がびっしり生えています。

LOVE & PEACE & cat
taroichi ランキングにさんかしてます。たろくんとテツにポチっと。

人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

ハイク・モーメント

ハイク・モーメント!
Img_9643
・・・とは、

日常のありふれた風景の中から一瞬のヒラメキとともに訪れる・・・
Img_9644

俳句が生まれそうな瞬間をいいますだ。
Img_9648

この世界はハイクの源泉に満ち溢れておる・・・

たとえば・・・・

ハイクっモーメントぉ!
Img_9618

ハイクモーメントーッ!
Img_9636

・・・君たちはまさにハイクモーメントの源泉じゃな。

詳しくは「プ~ねこ ①」をみてね。
Img_9677
すいません、今日はパクリです・・・。

このひとはとてもネコの絵がうまいのだ。
Img_9674
というわけで、「たろいちぶんこ」に採用けってい!

きょうのはな
ノイバラ(野茨)の実
Photo
冬枯れの野原に赤い実が目立ちます。初夏に小さい白い花
をつけます。枝には鋭い棘があるので、つかまると大変です。
単に野ばらとも呼びます。

ジュウガツザクラ(十月桜)のはな
Dsc03372
秋と春に2度咲く桜です。まだ咲いていました。

LOVE & PEACE & cat
taroichi ランキングにさんかしてます。たろくんとテツにポチっと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)