« あきばえ | トップページ | ソラタカシ »

2010年10月21日 (木)

じゅうさんや

Img_7906_2

猫はいま目となりきつて十三夜    加藤 楸邨

今宵は十三夜

芋名月とか後の月とか呼ばれる月です

あいにくの曇り空になってしまいましたが・・・

 

猫好きだった俳人・加藤楸邨は猫を詠んだ句をたくさん残しましたが

今日の句はそのなかでももっとも気に入っているものの一つです

暗闇で猫の隠された野性が月に照らされている・・・

そんな身震いするような光景が詠み込まれているように思います

こちらもぜひ→Siesta

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

|

« あきばえ | トップページ | ソラタカシ »

俳句」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

たろくんの横顔とっても凛々しいです♪ 自分だったらきっと嫌がられながらもチューしてる(^m^)

投稿: なお | 2010年10月21日 (木) 11時48分

きれいな写真ですね。
眼の色が不思議…どうやって撮るのでしょう。
額に入れてとっておきたいくらいですね。

投稿: KAYO.K | 2010年10月21日 (木) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532297/37323385

この記事へのトラックバック一覧です: じゅうさんや:

« あきばえ | トップページ | ソラタカシ »