« ブロマイド | トップページ | つきうさぎ »

2010年8月15日 (日)

ガガブタ

今日はガガブタの花を見に行った

ガガブタは鏡蓋と書き ミツガシワ科アサザ属の水生植物である

Img_2625

アサザ同様浅い沼地を覆いつくすようにスイレンに似た葉を茂らし

2センチほどの白い毛だらけの花をつける

水鏡に蓋をするように繁茂するので鏡蓋となったのであろうか

5裂する花冠の中央が黄色く染まりなんともかわいらしい花である

灼熱の太陽の下でけなげに咲いていた

 

と これまた小さいイトトンボが飛んできて花にとまった

Img_2603

アオモンイトトンボという3センチくらいの小さいトンボで

薄緑色の胸部とお尻の先の水色が目印

どちらかというと海沿いの湿地などでよく見られるトンボだそうだ

涼しげな絵に見えるかも知れないが炎天下の下 石になって撮った一枚

 

ミソハギは盆花とも呼ばれ文字どうりお盆の頃咲く花

Img_2608

モンキチョウが忙しく飛び回っていた

お盆が過ぎるとこの花も終わりである

それからなんとも涼しげなツユクサのクローズアップ

Img_2565

花弁は3枚で上の2枚が青く目立って下の1枚は白く目立たない

ツユクサといえば小学生の頃 葉の薄皮をはがして顕微鏡で細胞を観察した懐かしい草

古く万葉の頃は月草(ツキクサ)と呼ばれまた蛍草などとも呼ばれ

俳句では秋の季語とされる

 

それにしても暑い一日だった

Img_2468

体中の水分が総入れ替えされたような気がしますな

ネコは汗をかかないのでいつもサラッサラとしていて気持ちがいい

ベタベタ触られるネコは迷惑だろうけど

こちらもぜひ→Siesta

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

|

« ブロマイド | トップページ | つきうさぎ »

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ツユクサ確かに理科の授業で使った記憶が。。。それにしても鮮やかな青色!たろくんも手(脚?)なんか組んじゃってぇ〜(^m^)

投稿: なお | 2010年8月16日 (月) 13時54分

不思議な花ですね!ギザギザ・・・。
アオモンイトトンボも薄緑と青の綺麗な事!
黄色や白や青や~~~ひゃー色が沢山だ。

猫さん達も鮮やかな色があったらどうなっただろう?
と、思ってしまった今日のブログです。(笑)

まーそれはそれで面白いかもですね。
ビールに枝豆♪ お疲れ様でした!たろちゃんの足がキュートだ。

投稿: 森のどんくさ猫 | 2010年8月16日 (月) 19時29分

いいですねーツユクサ
私は特にマルバツユクサが好きです◎

たろくん、妙にサマになってますな。笑

投稿: Pina | 2010年8月17日 (火) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532297/36180927

この記事へのトラックバック一覧です: ガガブタ:

« ブロマイド | トップページ | つきうさぎ »