« たね | トップページ | ヒヨドリ »

2009年10月25日 (日)

どらやき

どらやきといってもそんじょそこらのどらやきじゃあありません

Img_3217

京の和菓子や笹屋伊織のどらやき 竹皮で巻かれた筒状のどらやきです

Img_3220

銅鑼で焼いたクレープ状のモチモチした生地に上品なこしあんをくるくると

巻きこんだものです 生地にほんのり竹皮の香りが移っています

Img_3227

その昔江戸の末期に京都のお寺でお坊さんのおやつにつくられたのが

起源だそうです 毎月20、21、22日の三日間の限定販売です

Img_3272

今日は寒かったのでこちらのぼたもちもいい感じで丸まってます

Img_2713

たろくんまんじゅうはまだまだ三日月です

きょうのはな

シラヤマギク(白山菊)
Photo_2

山地の草原などに生えるキク科シオン属の多年草 高さ1.5mほどにもなります

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

|

« たね | トップページ | ヒヨドリ »

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

食べ物」カテゴリの記事

コメント

竹皮で巻かれたどらやきなんて初めて見ました!どらやきってあのドラえもんが好きな定番の形だけだと思ってました(-.-;) おいしそうだな〜 デパートとかそこら辺の和菓子屋さんでも売ってますか??(゚゚) うちもテツくんみたいなぼたもちになってます(^_^;)

投稿: なお | 2009年10月25日 (日) 10時03分

初めて見た「どらやき」ですよ!
期間限定とは、おそるべし山猫亭家、旨い物は外さないな。あーでも美味しそう!!

シラヤマギクは、もう終わりですねー。
山もそろそろ落ち葉で埋まり始めましたよ。

投稿: 森のどんくさ猫 | 2009年10月25日 (日) 22時08分

筒状のどら焼があるとは知りませんでした。
つぶ餡が苦手なワタシも、ちょっと食べてみたくなりました。
「目からウロコ」ですね(^ー^)
たろ君、まだ寒くないの?
ウチはくっついてきて困っています(笑)

投稿: すかちん | 2009年10月25日 (日) 23時44分

これがドラ焼とな???
オバちゃんは、基本つぶ餡嫌いだから
たぶん食べないけど、甘いもの好きには
たまらんのでしょうねぇ~....。

パンダぼた餅は、綺麗な丸だけど....
きなこは....失敗???

投稿: 坂ち | 2009年10月26日 (月) 09時15分

なおさん
関東では伊勢丹各店にお店があるようです。銅鑼の形をしているのと銅鑼で焼いたのでは大違いですよね。

森のどんくさ猫さん
実は先月買いそびれてカレンダーにしるしをしておいたのです。そういうところだけはマメだと感心されました。花がなくなる季節ですね、ブログネタも乏しくなります。去年は紅葉の写真などで乗り切りましたが。

すかちんさん
テツはもう寒くて仕方ないようですがたろはまだまだ伸びて寝てますね。痩せたとはいえまだ十分お肉があるようです。

坂ちさん
これはこし餡ですよ。竹の移り香がアクセントの上品な味でした。さすが坊主の煩悩から生まれた食品かと。これもお精進ですな。たろくんはきな粉というより大根おろしの餅かも。

投稿: たろてつ | 2009年10月27日 (火) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532297/31929455

この記事へのトラックバック一覧です: どらやき:

« たね | トップページ | ヒヨドリ »