« Yチェア | トップページ | えのころぐさ »

2009年7月26日 (日)

たまや

どどーん

Img_9024
「にゃにゃっ」

Img_9374
「なんだにゃ テレビじゃんか びっくりしたなあ」

Img_9016
「た~まや~」

今日は隅田川花火大会

花火の音がこわくてしかたないたろくんですが テレビは大丈夫なんだと

あのこわいこわい音がこれだとは知らないんだね

Img_9376
「ま~めや~ す~しや~」

隅田川花火は結構近くなのですが座る場所もないほど混むので最近はいきません

テレビで見ても面白くも何ともないですな オールスターをみることに

きょうのはな

ハゼラン(爆ぜ蘭)のはな
Photo
南アメリカ原産のスベリヒユ科ハゼラン属の一年草 葉は野菜としても栄養価が高くほうれん草の代用として用いられる 昼過ぎから夕方まで小さいピンク色の花を咲かせるのでサンジカ(三時花)とも呼ばれる 赤い実をたくさんつけるので英名をコーラルフラワーと言うがなんとなく花火に似ている気がする

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

|

« Yチェア | トップページ | えのころぐさ »

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

昨日家の近くの老人ホームでお祭りがあり最後の締めで花火をしたらしくうちの子はその音にビビってました(^_^;) テレビ越しよりも体に音を感じるから嫌なのかな〜(>_<)

投稿: なお | 2009年7月26日 (日) 08時13分

昨日、今日とこちらもとても暑いです。それなのにうちの子はなぜか膝に乗ってきます。暑いんだってばcoldsweats01
たろくんテレビの花火なら大丈夫なんだね。夏の風物詩楽しもうよ。

投稿: ねこみみ | 2009年7月26日 (日) 12時17分

こんにちは!
私の地元でも、昨日は花火大会でした!
〝ど〟が付いちゃうような田舎なので、
隅田川の花火大会とは比べられないくらい
規模は小さいですが…coldsweats01
たろくんは花火のドーンという音がニガテなんですねsweat01

投稿: kyoko | 2009年7月26日 (日) 14時55分

たろちゃん、TVで良かったねぇ。
豆に寿司に、たろちゃんてつちゃん、豪勢な夕食だ♪

今日も暑かったですね。
石は高くて手がでず、猫さんには、天然の風でしのいでもらってます(笑)

投稿: 森のどんくさ猫 | 2009年7月26日 (日) 16時51分

隅田川は無理ですが、昨晩は立川の昭和の森記念公園の花火が、ウチの屋根裏部屋の窓から見えました。
地元の花火大会は、角度の問題で見えないので意外でした。
もっとも、高温多湿な場所のため、長期滞在は無理。
用事が済んだら、すぐに退散しました(苦笑)

投稿: すかちん | 2009年7月26日 (日) 22時56分

そうだわ( ´艸`)
たろくん、花火の音大嫌いなんですものね。
TVでなら平気なのね~。

ハゼラン
我が家の辺りでは「三時草」って言いますね^^

投稿: しま | 2009年7月27日 (月) 00時34分

なおさん
やっぱりあの音圧にビビるのでしょうか、でもこの間の花火は遠くで鳴っていたのにビビってましたからね。外から聞こえると駄目なんだろうな。

ねこみみさん
こちらも二日続けて酷暑ですがテツはエアコンにあたって寒くなったらしく膝に来ました。ねこにはちょっと暑いくらいがちょうどいいのかも。

kyokoさん
隅田川花火は身動きとれないほど人が来るので行くもんじゃありません。程よく遠くから眺めるくらいがちょうどよいかと思います。うちの町も来週は花火大会です。たろくん大ピンチ。

森のどんくさ猫さん
今日も暑かったです。まだ夜は涼しい風が吹いてるからちょっとはましですが。やっぱり森があるとずいぶん風が涼しいんじゃないかと思います。うらやましいですよ。

すかちんさん
昭和記念公園もでしたか。今週末来週末がピークですかね。たろくんの恐怖もピークです。みみセンでもしといてあげたいところですが。

しまさん
たぶんあの怖い怖い音がこの映像に原因があるとは思っていないようで。たろはノラの時にたぶん一回花火大会を経験していてそれでトラウマなんじゃないかと思ってます。

投稿: たろてつ | 2009年7月27日 (月) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532297/30697783

この記事へのトラックバック一覧です: たまや:

« Yチェア | トップページ | えのころぐさ »