« びっくら | トップページ | そういうふうにできている »

2009年7月18日 (土)

ウラメシヤ

怪談の季節がやってきました

「うらめしやー」
Img_9047

「ウラメシヤー」
Img_9051

たしかに涼しげな寝顔ではありますがちっとも涼しくはなりません

そしてあろうことか・・・

Img_9093

Img_9086

あつくるしいなあ もう

今日のご飯 秋刀魚のカルパッチョ

Img_9056

それから今日の一日一麺 ズッキーニとベーコンのパスタ

Img_9063

ズッキーニがおいしい季節です

きょうのはな
今日はアオイ科の草花を

キクノハアオイ(菊の葉葵)のはな
Photo
南米原産の帰化植物でキクノハアオイ属の一年草 葉が菊の葉のように切れこむことから名前がある アオイ科の花は大形のことが多いがこれは1センチくらいの小形の花で地面を這うように広がる

ゼニバアオイ(銭葉葵)のはな
Photo_2
ヨーロッパ原産で荒地に生えるアオイ属の一年草 茎は地面を葉って広がり3センチほどの花を初夏から夏にかけてつける 似た名前にゼニアオイというのがあるが、そちらは茎が直立してピンク色の花をつける

マルバストロムのはな
Photo_3
南米原産の耐寒性多年草 茎は地面を葉って広がり初夏に5センチほどの花を咲かす

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

|

« びっくら | トップページ | そういうふうにできている »

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

食べ物」カテゴリの記事

コメント

うらめしや~~~~~ だから、

ちったぁ涼しくなると思ったが、お暑い二人で・・・。(爆)

マルバストロムって耐寒性多年草なんですね、山は寒さに強くないとだめなので、カバーにいいなぁ。

投稿: 森のどんくさ猫 | 2009年7月18日 (土) 07時26分

うちも毎日うらめしや〜です(^_^;) それにしても暑くて伸びたりするくせにくっついて寝るなんて。。。ほんと良くわかりませんね(-.-;)

投稿: なお | 2009年7月18日 (土) 09時24分

お手てが うらめしや~~~になってますねー!

しかし^^;
暑いんだからさぁ~おふたりさん。
離れて寝てみたらどうでしょうか?(笑)

投稿: しま | 2009年7月18日 (土) 19時31分

はははッ!チミらは何がうらめしい?
あたいは、自分の腹が恨めしい…。


毛むくじゃら君達よ、チミらはあちく無いのかい?
暑さにうらめしい???

投稿: 坂ち | 2009年7月18日 (土) 21時10分

冬ならとても微笑ましい二人の寄り添う寝姿。でも今見ると暑苦しい…。可愛さは変わらないはずなのにごめんね。
秋刀魚のカルパッチョめっちゃ美味しそうです~。もしかしてまたお高い秋刀魚なんですか?

投稿: ねこみみ | 2009年7月18日 (土) 21時18分

「うらめしや~」なのに暑苦しいなチミたちは(笑)
暑くてもくっつきたくなるほど仲がいいのはうらやましいですね。
恨めしいぢゃないですYO!( ̄▽ ̄;)

投稿: すかちん | 2009年7月18日 (土) 23時06分

森のどんくさ猫さん
夏になるとウラメシヤ率は高くなりますが、なんだかトチくるってひっついてました。マルバストラムは河原で野生化しているのを見かけましたがよく広がるようです。雪はどうかな。

なおさん
ウラメシヤ寝は見てるだけでなごみますよね。でもこの時期の団子は勘弁。

しまさん
どうもこの椅子の上がいいようでよく取りあいをしてるのですが、今日は休戦した模様。あるいは二人とも譲りたくないのか。

坂ちさん
うらめしやーってやってるときは結構快適に寝ているのかもしれませんな。今年は結構エアコンの稼働率が高いです。いまからこんなでは先が思いやられます。ハラお大事に。

ねこみみさん
どうやらお気に入りの椅子の奪い合いのような感じです。どちらも譲りたくないようで、暑いのを我慢しているのか。サンマの刺身はサンマだと思うと高いですが刺身だと思えば普通です。

すかちんさん
仲がいいというわけではなく、どちらもこの椅子の上で寝たいようなのです。人間も座りたいのですがめっきり猫専用に。人が座っていると背中に割り込んできます。

投稿: たろてつ | 2009年7月19日 (日) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532297/30589775

この記事へのトラックバック一覧です: ウラメシヤ:

« びっくら | トップページ | そういうふうにできている »