« ゆきやこんこ | トップページ | つぶやきテツぼ 2 »

2009年3月 1日 (日)

つぶやきたろぷ 3

「なんでおいらは猫なんだろ・・・」

Photo

めずらしく香箱なんか組んじゃって、ものおもい。

ワレオモウユエニワレアリってえやつかい?

それとも「きょうのゴハンはなんじゃろか」などと思索をめぐらしているのかい?

たろいちぶんこ・ブックレビュー

町田 康 「猫にかまけて」
Img_2978
kosayuさんのオススメで読んでみました。

パンク侍、町田さんが、タイトルどおり猫にかまけた日々の実録。
泣けると聞いていたので、風呂に持ち込み耽読す。
文体がパンクだなあと思いつつ、ネコバカぶりにニヤニヤしながら読みすすむも、
途中と終わりで2度泣き。続編もでています。

どろどろのパンク侍だと思っていた町田さんですが、こんなこともされてました。
ちょいとぐっと来たのでご紹介。動画です。
町田康&佐藤タイジ 「心のユニット」

なんだかジンとくる声だ。2002年のうたです。

きょうのはな
サンシュユ(山茱萸)のはな
1
また春がめぐってきた。
別名ハルコガネバナと呼ばれるミズキ科の落葉中高木です。
名前は漢名の音読です。秋に真っ赤な実をつけます。

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

|

« ゆきやこんこ | トップページ | つぶやきテツぼ 2 »

つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

たろ君それはね、とうちゃんやかあちゃん、テツ、そして私達チミを愛する人間達の心を癒す為に神様が「猫」という素晴らしい生き物の姿に変身して降りてきたのだよ。だから本当はチミは「人間の心を癒す担当の神様」なんだよ。わかるかな?
町田さん、高音が少年時代の井上揚水のようだわ(と思ったのは私だけ?)

投稿: ピースケ | 2009年3月 1日 (日) 12時28分

町田康さんは怖い人ってイメージがあったんですが雑誌で猫好きと知って見方が変わりました(^m^) たろくんは猫だから今こうして出会えたのかもしれないよ〜♪o(^-^)o

投稿: なお | 2009年3月 1日 (日) 12時46分

たろくん物思いにふけってどうしたのかな?
私はたろくんに猫に生まれてきてくれてありがとうって言いたいです。それと飼い主であるたろてつさんにもありがとうございます。たろくんの姿を見ていつも癒されているんですよ。
町田康さん知りませんでした。本探してみます。

投稿: ねこみみ | 2009年3月 1日 (日) 13時03分

ふと思ったのですが、タロさんの背景は蓮華じゃなく海や川だと「あざらし」でいけそうですね* ´З`)σ
おお~読んでもらえたのですね。感激\(;゚∇゚)/
狂気(失礼ですね…)じみた青年からネコバカおやじへの華麗な転身もニヤニヤ。
たくさんのネコを保護したりしてくれているようです。頭が下がりっぱなしです。
ネコ好きって優しい人だなーと心に刷り込まれているので、
強面の田中角栄秘書・早坂茂三も私のなかでは優しいオッサン認定されてますw

投稿: kosayu | 2009年3月 1日 (日) 13時47分

猫って表情や仕草が哲学的ですね。
何を考えているのかは猫のみぞ知る・・・
ですね^^

投稿: しま | 2009年3月 1日 (日) 18時20分

まあ!たろちゃんにテツさん、
11才と7才だったのですね~
つやつやして愛らしいから若いと思っちゃった…
サンシュユ、「青梅市・梅の公園」にも咲いてますよ~
うちはマンションだから何もないけど
猫草は常備生えてますが…

投稿: テトママ | 2009年3月 1日 (日) 19時59分

そりゃ~ネコだったから、とあちゃんかあちゃんに会えたんじゃん!
たろちん、悩むとヤセちまうぜっ。

町田街蔵じゃなかったっけ?この人、昔はチョーとんがってたのに。
ネコ好きって~ダケで、「この人いい人」って思っちゃう私です。

私の大好きな「斉藤和義」も、ネコ7匹と生活しているそうな。
村松 友視サンの「アブサン物語」もいいですよぉ~。

投稿: 坂ち | 2009年3月 1日 (日) 22時06分

ピースケさんへ、
猫神さま、招き猫になってわが家を救ってください。
それにしてもよくおなきになる神様ですこと。
町田さんの歌唱法はピストルズのジョニー・ロットンの影響なんでしょうね。

なおさんへ、
そうそう、どろどろパンク野郎だと思っていました。ごじぶんで書かれてましたが、猫といる時はファンシーなんだそうです。

ねこみみさんへ、
ちょっと犬っぽいですが、猫で良かったです。でも、カワウソでもよかったかも知れない。町田さんはどろどろパンク野郎と思っていたので本は敬遠してましたが、読んでみてずいぶん印象はかわりました。

kosayuさんへ、
夏になったら背景を変えてみます。砂浜の絵柄に。ねこってか、ゴマちゃん系ですよね。町田さんのHPも見てみましたが、暗号のような日記がありました。いま、パンク侍・・・も読んでみてますが、これは??そういえば養老先生が猫本を出されたみたいですが、読まれました?

しまさんへ、
ありあまるネコ時間をすべて哲学的な思索に振り当てたら、立派な哲学者になれるでしょうねー、実際はほとんどゴハンのことを考えているような気がしますが。

テトママさんへ、
写真だと若く見えるかも知れませんが、だんだん毛ツヤもなくなってきたジイサマです。マンサク・サンシュユと咲いてくると、春だなと感じます。桜よりはこちらのほうが感慨が深いですね。うちもマンション住まいですよー。

坂ちさんへ、
そうそう、町田町蔵。人は丸くなるモンですなー。猫も丸くなるモンですなー。お、斉藤和義・・・なつかしい(失礼?)元祖アコギさんですね。7匹とはツワモノよのう!アブサン・・は読みたいと思ってました。

投稿: たろてつ | 2009年3月 2日 (月) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532297/28413799

この記事へのトラックバック一覧です: つぶやきたろぷ 3:

« ゆきやこんこ | トップページ | つぶやきテツぼ 2 »