« シンナーにきをつけな! | トップページ | Don´t Worry, Be Happy »

2009年2月20日 (金)

はなのかんさつ

わがやの小さい庭にも花がちらほら咲きだしています。

むしめがねで観察してみよう。

ネコヤナギのはな
Img_2554
ネコヤナギはこれが花です。正確には花がたくさん寄り集まったものです。花びらはありませんが、一つ一つの花の苞には銀色の毛が生えていて、このような猫の尾状の姿となります。雌花と雄花があり、雄花はやがておしべを伸ばして黄色く見えます。花びらのない花は風媒花が多いですが、これでも立派な虫媒花なのです。

ローズマリーのはな
Img_2552
料理の香り付けに欠かせないローズマリー、香りの強い草花はシソ科のことが多いです。葉はこんなに松葉の様でも、花を見ればシソ科とわかります。大きく口を開いたような花弁の形と、牙のように反り返ったおしべとめしべが特徴です。蜜を吸いにきた虫たちの足がかりになるように、下の花びらは受け皿のようになっていて、ハチなどが頭を奥に突っ込もうとすると、背中に生えた毛に花粉が付いて受粉を促す仕組みのようです。

ストックのはな
Img_2551
秋に近所の大学の学園祭でもらってきた花が咲き始めました。
ストックはアブラナ科の草花で、春の花壇ではよく見かける花です。園芸品種では八重が多いようですが、野生種ではこのように一重の四弁花です。アブラナ科のほかの植物とくらべると、ダイコンなどに似ているでしょうか?このような花を十字花と呼びます。十字架に似ているから?。つぼみの時は花びらが傘のように巻かれているのがわかります。

テツのはな
Img_2495
ネコ科では小型の種類のネコです。
ハナは他のネコちゃんにくらべて湿り気が多く、いつもヒンヤリしています。
ほおって置くといちにちでご覧の通り茶色くなってしまうので、毎朝きれいにしてあげなくてはなりません。ってか、猫はふつう自分でかおを洗うもんだと思うのですが・・・

たろのハナ
Img_2496
ネコ科では大きい種類のネコです。
巨体のわりにはおハナが小さいので、寝ているときにぶーぶーとイビキをかいてしまいます。多少太り気味のせいもあるでしょう。
ハナの上の目の間の部分には、四方から毛が集まるつむじ状のところがありますが、ネコのからだの中では特に萌えを誘う部分と言えるでしょうか。

メダカのとうさんのハナ
Img_2264
サカナの鼻の穴は通常4つあるそうです。水中でニオイをかぐというか、水の味を確認しているようです。目の前についている突起が鼻でしょうか?
動物の鼻の穴はふつうふたつですが、退化したもうふたつの穴があるそうです。なので、泣くと鼻水が出たりするのだそうです。へええ。

きょうのはな
ヤマノイモ(自然薯)の実
Photo
冬枯れの野でよく見かけるこれ、ヤマイモの種です。ヤマイモにも雄花と雌花があり、雄花はムカゴとなって自己増殖しますが、雌花はこのような種をつけます。3枚の羽を持っていて、熟すとそれが6枚に割れます。子どもの頃、鼻にくっつけてよく遊んだものです。

オニドコロ(鬼野老)の実
Photo_2
こちらもヤマノイモの仲間です。似たような実ですが、羽の先端がくぼんでいるので見分けが付きます。イモは苦くて食用には適さないようです。

ぽちっとな押せば命の泉湧く
taroichi
ランキングに参加してます。応援してにゃ。

人気ブログランキングへ

|

« シンナーにきをつけな! | トップページ | Don´t Worry, Be Happy »

動物」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おおーーまさに鼻の上の毛の突起部分、大好物wですlovely
人差し指のお腹の部分か第一間接でスリスリしています♪
ただいま欧州の世紀末の似合う都市にきています。
よく歩きよく食べよく眠る。なんかいい感じですヽ(´▽`)/

投稿: kosayu | 2009年2月20日 (金) 04時29分

わたスは、親指の腹の部分で、撫でこー撫でこーします。
撫でられている本人(あっ、猫)も、気持ち良さそうデス。
なんでぼーちゃんの鼻は、茶色くなっちまうんだ?
たろちんのちんまい鼻は、好きです。
なんか、つまみたくなっちゃいマス。
うちにもストックありますが、花屋のストックみたいに
背が伸びないですよねぇ~。

でも、我が家の野生化したアルストロメリアは
ぐーーんぐん伸びて....売れるかもsmile

投稿: 坂ち | 2009年2月20日 (金) 10時05分

たろてつさんちの庭にも春が来ていますね。
たろ君の鼻は大好きです。
ぶーぶーとイビキをかいちゃうのね。
拓哉とナカマ・ナカマ。

投稿: ピースケ | 2009年2月20日 (金) 18時11分

たろくんとてつくんのハナにモエ~!!(*´Д`)ハァハァ
ドアップの細かい毛の部分がとくにモエ♪
解説がイキですネ♪

っつ~か、めだかの鼻が4つあるってショック!!
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

投稿: ぼの子 | 2009年2月20日 (金) 19時00分

「ネコ科では大きい種類のネコです。」…が つぼでした。
昨日の大笑いに続き、今日も笑わせていただきましたーー!happy02

投稿: みーすけ* | 2009年2月20日 (金) 20時46分

猫のつむじ萌え~heart01ですね。私もついつい撫でたりつついたりしてしまいます。色んなオハナがありますがネコ科のオハナ写真が一番好きです。

投稿: ねこみみ | 2009年2月20日 (金) 21時18分

ヤマイモのね、
子供の頃よく、ぺろっとなめて鼻にくっつけて遊びましたよね~。
たろてつさんのおうちのほうが我が家よりもだいぶ暖かですね~。
花が咲き始めると一気に春の気分ですね^^

投稿: しま | 2009年2月20日 (金) 22時20分

kosayuさんへ、
おや、ウィーンですかい?いいですねえ。寒くない?
眉間のつむじ、名前は無いんじゃないかと思うのですが、なんかいい名前を考えましょうか?そちらのネコはどうですか?

坂ちさんへ、
何で茶色くなるのか?そりは鼻水だからでしょうか?そういう体質なのかなあ?ハナクソ体質。
花屋のストックはたいてい温室栽培なんでしょうね。房総半島の先の方へいくとたくさん咲いていますね。アルストロメリアはユリ科だったと思いますが、猫は大丈夫でしたっけ?

ピースケさんへ、
うちのちっさい庭にももれなく春はやってきてくれるようです。メダカもだいぶ活発になってきてえさを食べ始めました。たっくんもイビキ仲間なんですね。

ぼの子さんへ、
残念ながらテツはハナクソ体質で、たろは目クソ体質です。それでもOK?サカナはなんで鼻の穴が四つあるのか?マグロ君が知ってるかな?

みーすけ*さんへ、
笑う門にはなんとやら、笑っていただければ本望ですだ。大きい種類で、ちょっとノルウエイのがまざってます?

ねこみみさんへ、
次はミミシリーズで行きましょうか?
みみ毛も萌えるでしょう?

しまさんへ、
最近まであれがヤマイモの種だとはつゆ知らず。庭に植えたらおこられるだろうな・・・。いろいろ花が咲き始めてこれからはオオイソガシです。(←ばか)

投稿: たろてつ | 2009年2月21日 (土) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532297/28225906

この記事へのトラックバック一覧です: はなのかんさつ:

« シンナーにきをつけな! | トップページ | Don´t Worry, Be Happy »