« here comes the sun | トップページ | フルーツポンチ »

2009年1月18日 (日)

うしはじめ

今日は天気が良かったので、牧場へ。ウシハジメです。

Dsc03825
生まれたばっかのホルスタインのあかちゃん。
シロクロの動物はナゼニこう可愛いものか?

Dsc03820
生後1ヶ月くらいか?和牛のあかちゃん。ゆびを吸われてしまった。
和牛なので、ドナドナの運命なのかな。

Dsc03837
1歳くらいのジャージー牛のこども。
外人さんは目がくりくり。いっぱい食べてはやくおおきくなりたまえ。

Dsc03870
まきばで飲むビールは最高だあ・・・。

Dsc03847
生後2週間のヤギの兄弟。日向でうとうと。たろくんと同じくらいの大きさ。

Dsc03838
きょうのお目当て。生後1ヶ月半くらいのヤギの兄弟。
左のヤギ柄が「やぎよ」ちゃん、右のうし柄が「うしか」くんだそうで。
牛柄だからウシか?・・・なんともベタではありますが。
シロクロのヤギはめずらしいなあ。やはり人気者でした。
大人のヤギは毛が硬くなってしまいますが、まだフカフカで。

Dsc03868
長老、アイスランドホースのタロくん。27歳?静かに余生を送っています。

おまけ。セグウェイのオフローダーがありました。うう、ほしい・・・
Dsc03817
しらべたら、車が買える値段でした・・・ムリムリ。

以上、ウシハジメは「成田ゆめ牧場」からお送りしました。

地球温暖化の原因となるガスの一つにメタンガスがあげられますが、
その発生原因となるものに、牛のゲップがあるそうで、結構な割合を
占めているのだそうな。そこで、牛のゲップを抑制するクスリが開発
されたそうなのですが、なんか方向が間違ってないか??
谷岡ヤスジが生きていたらなんと言うだろう?

けむくじゃらを堪能して帰ってくると、うちでも毛むくじゃらがお出迎え。
Img_0995
ナカヨクシテマシタカ?

アイアーイ。
Img_1027
わが家の長老とシロクロ。

一日中けむくじゃらといっしょ。

きょうのはな
スイセン(水仙)のはな
Photo
ヒガンバナ科の冬に咲く花です。これはニホンスイセンと呼ばれます。
黄色い副花冠が特徴です。

スイセンは地中海原産だそうです。副花冠もしろいコチラは
シロバナスイセン、英名でペーパーホワイトと呼ばれます。
Photo_2
原種にちかいものだと言う事でした。他にもたくさんの品種があります。
スイセンの仲間は彼岸花と同じく、花は咲いても種ができません。
球根で増えます。なので、群生して咲いていることが多い花です。

LOVE & PEACE & cat
taroichi ランキングにさんかしてます。たろくんとテツにポチっと。

人気ブログランキングへ

 

|

« here comes the sun | トップページ | フルーツポンチ »

動物」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

白黒のヤギなんて珍し〜ですね!(゚o゚) でも可愛い♪動物は無条件に癒されますね(^O^) たろくんとテツくんには毎日癒されてます♪

投稿: なお | 2009年1月18日 (日) 09時10分

「うしか」君、先日テレビで紹介されていたような気がします.
面白いですね。
ちなみに名前をつけるときに「牛か?」とおもったのでしょうか?
小学生の時、牧場見学で見た牛の目があまりにも可愛かったのに男子の一人が「この牛の肉は美味いんでぇ」と言ったのがショックで子供の頃は肉は食べれませんでした。
水仙、中国か日本が原産だと思っていました。

今日駅伝の応援に行って色んな県の美味しいものを食べて来ました。一番人気は北海道で中でも焼きホタテは並んで30分待ちでした。でも美味しかったですよ。
各地の県人会の方達がわが郷土!!自慢でもりあがっていましたよ。 

投稿: ピースケ | 2009年1月18日 (日) 17時08分

動物ってどの子も可愛らしい☆♪☆♪

投稿: ribon2 | 2009年1月18日 (日) 20時36分

シロクロも、ちいちゃいのも、けむくじゃらも
かわいいですよね~^^

牛のげっぷ、聞いたことがあります。
結構な割合だと言う話も・・・。

薬、・・・やっぱり何か違うような・・・???^^;

投稿: しま | 2009年1月18日 (日) 23時32分

えぇっ!ヤギの子供とたろクン大きさ一緒なの?
どんだけぇ~????たろクンはでかいの????
しかし、ほのぼのしたトコロに行かれたのですね。
ドナドナはちょっと悲しいなぁ~。
でも、私達は美味い美味いって言って食べるのだから
そんな偽善的な事は言えないかぁ~。

お外のもじゃもじゃは寒さに強そうだけど
うちの中のもじゃもじゃは、床暖命ってカンジですねぇ~。

投稿: 坂ち | 2009年1月19日 (月) 00時03分

なおさんへ、
猫のいやし力もなかなかなもんですが、ウシのいやし力もかなりなもんです。ウシやヤギがのんびり草をはんでいるのは平和の象徴ですね。

ピースケさんへ、
うしか君、ウシ年とあって、ひっぱりだこのようですね。笑っていいともで紹介されていたみたいです。名前は一般公募で、まさにウシか?という事らしいです。確かにウシの目ほど可愛い目はちょっとないですね。観光牧場にいくと必ずバーベキューやバイキングがあります。もうこれはヒトのサガなわけで、なんとも・・・。
スイセンは地中海から中国を経て渡来したそうで、水仙は中国名ですね。学名はナルシソスというのですが、ナルシストの語源だそうです。

ribon2さんへ、
可愛くない動物の子どもっていないですね、生命の不思議なり?
カワウソの子どもも大好きです。

しまさんへ、
げっぷ抑制薬なんか開発するひとは、そのうちオナラ抑制薬なんか考え出しそうで怖いです。そういう下らないこと考える人は息をとめて死んでしまえ!などと、養老先生が言っていたような・・・。

坂ちさんへ、
たろくんがデカイんではなくて、子ヤギが小さいんです。両親の実家にはウシがいました。ばあちゃんの作ってくれる牛乳カンが楽しみでした。かあちゃんはウシとヤギといっしょに育ちました。だから時々山に帰りたくなるのです。アルプスの少女ハイジです。

投稿: たろてつ | 2009年1月19日 (月) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532297/27237504

この記事へのトラックバック一覧です: うしはじめ:

« here comes the sun | トップページ | フルーツポンチ »