« なつのむし | トップページ | にほんのなつ »

2008年7月21日 (月)

うみのひ

ひさしぶりのうすぐもりです。ちょっとすずしい。
Img_1580

ひさしぶりににわのみまわりをしませう。
Img_1591
いじょうはアリマセンカー?

きょうは「うみのひ」ねこにはあんまりかんけいありませんにゃ。

うちのちっさいうみのようす。
メダカの子はじゅんちょうにおおきくなってますよ。
Img_1501
でも、けんかばっかし。きょうだいなかようね。

タニシと思ってたこのしと。1cmぐらいになりました。
サカマキガイというそうです。まきがいは普通右巻きなんだけど、
左巻きなのです。
Img_1467
水槽についた藻やメダカのたべのこしをもりもりたべます。

そんでもって、タマゴを産んでしまいました。
Img_1593
あんまりふえてもらっても困るので、全部取ります。

そろそろ大きい水槽を用意するか?どうしませう。

ゆうがた、うちみずをした。すずしいかぜです。
Img_1632
セミはまただまってしまいましたね。かわりにムシがないてる。

テツのヤツ、ぜんぜんすがたをみかけませんねー?
ドコいった?

2かいでばくすいちゅうのシロクロ。
Img_1562
また、よるにそなえてチカラをたくわえています。
夜泣きはやめてね。

きょうのはな

はなではないですが、アワ(粟)の穂
Photo

キビ(黍)の穂
Photo_2

古代米(黒米)、 茎と葉の根元も黒い。Photo_3

最近また注目されている雑穀です。万葉植物園にて。

ムギワラトンボ。
Photo_4
実はシオカラトンボのメス、または若いオスのことです。

Banner2 ランキングにさんかしてます。たろくんとテツにポチっとおねがい。

|

« なつのむし | トップページ | にほんのなつ »

動物」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

うみのひ、うちも関係なかった・・・。

サカマキガイ、そもそもどっから?藻についていたんですかね?卵も産んじゃうんですか~。
思い切っておおきな水槽で、小さな世界をつくちゃいましょう!

てつは、夜行性なんですかね?うちも、にゃむは、夜行性みたいですよ(笑)

投稿: きみどり | 2008年7月22日 (火) 00時33分

昨日は曇っていて風もあったので少しすごしやすかったですね^^
たろくんも久々にお外に出られて見回りに忙しかったかな?

メダカとセットのようにして増えるサカマキガイ。
すぐ卵産んで増えちゃうんですよね~^^;
そうじしてくれるのはうれしいんだけど
あまりにも増えてしまうと美観的にもよろしくないかも~?

投稿: しま | 2008年7月22日 (火) 10時31分

テツくんは相変わらず昼間は寝てばっかなのねーっ うちの子は昼間寝て夜も寝てばっかです〜(^_^;)

投稿: なお | 2008年7月22日 (火) 13時00分

よるにそなえて充電中のテツくん、かわいい、けど、
夜の運動会はちょと困りますね(~_~;)


ワタシも最近黒米やら雑穀を混ぜて炊いています。
黒米はもちもちしておいしいですよね!
そしてよく噛んで食べる習慣がつきました。

投稿: シンコ | 2008年7月22日 (火) 13時02分

きみどりさんへ、
サカマキガイは、ホテイアオイについてやってきたようです。
あっという間に大きくなって、気が付いたら卵がたくさん・・・。
テツはほんとに昼間はズーッと寝てますね。夜涼しくなってから暴れようと言う魂胆でしょうが・・・たまりません。

しまさんへ、
気が付いたら卵だらけになってました。恐ろしい繁殖力ですね。
藻を一生懸命掃除してくれますが、食べたそばから出しているので、美観上はあまりよくありませんね。しばらくしたら、外の鉢に移そうかと思っています。

なおさんへ、
三年ねたろうはきょうも寝ています。夜ひとが風呂へ入るころになるとおきてきて甘えはじめます。まあ、昼間起きててもやることないからでしょうけど。

シンコさんへ、
夜中のテツ、かまってほしくて人が寝ているまわりをぐるぐるウロウロ。いろんなものを落としてみたり、高いところから飛び降りてみたり。必死です。勘弁してください。
ウチでは、1日1食、玄米ごはんです。たべなれると白米よりうまいです。

投稿: たろてつ | 2008年7月22日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532297/22454331

この記事へのトラックバック一覧です: うみのひ:

« なつのむし | トップページ | にほんのなつ »